人気ブログランキング |

タグ:昭和 ( 36 ) タグの人気記事

Bar GOD・・・


                                           親友の松井一郎が行きたいとかねてから言っていたお店 Bar GOD である。




                                    




                  ママの 横山リエ さんは、もちろん女優である。1970.80年代は特に活躍されていた時期だから御存知の方も多いと思う(我々世代とその上の方々)。



Bar GOD・・・_a0241725_18594023.jpgBar GOD・・・_a0241725_1904775.jpg






















まだ書き出したばかり途中です。
by tetujin2011 | 2014-12-07 18:47 | 快楽通信

顔より大きな左手を持つ男!






顔より大きな左手を持つ男!_a0241725_11322680.jpg





             左手大きくありませんか?おそらく顔より大きいと思われます。ま、体も態度も左手も大きなジャーマンさん、『20年振りの再会!』 に続き2回目の登場です。





                              昭和の郷愁を感じられる居酒屋、 牛タンとイワシ料理の店 でんぱち 新宿店 でのヒトコマです。




         打ち水や蜩の声に心奪われるのは日本人に生まれたからとよく教えられる僕達ですが、やっとこの頃になってレトロ感とか昭和の良さを少しずつですけど実感しております。




           昭和の時代は、左手の大きな人はドイツで生まれ、隣のレディはイタリアで生まれ、後列ピチピチの体格の良い若者はイギリスで生まれ、僕だけはタイなんですが・・・




                 4人とも海外育ちであまり日本をよく知らずに帰ってきました。そうなんです、今日は久し振りに帰国子女の4人組で食事をした訳なんです。




       いやーそれにしても今日の料理は美味しかったな。それぞれが育った国が違うもんだから、普段はソーセージ、ピッツァ、ローストビーフ、トムヤムクンばかりで飽きてたからね。




 イワシ、いや日本人だから漢字で書こう鰯・・・大将の手にかかるとメチャメチャ美味しいのが素晴らしいです。実は反省したんですよ、僕らは。もう、潔く日本人だって思って生きて行こうってね。




              今まで、インターナショナル風味で思い切り天狗になっていた我々4人ですが、大将の料理で気が付きました。有難う御座います、そして御馳走様でした。
by tetujin2011 | 2014-08-13 12:31 | 友友財産

Two Top・・・!!





        1970年代から現在まで、West Coast rock の双璧をなす二大アーティストといえば?迷わずに Eagles と The Doobie Brothers だとこたえます。




                   

          邦題は『呪われた夜』                                                   名曲です『ホテルカリフォルニア』



                   

           『リッスントゥザミュージック』カタカナだと?                                      名曲だね『ロングトレインランニン』





                           

                                    イーグルスのバラード、邦題は『言い出せなくて』もはずせない





                           

                                    説明不要ドゥービーの真骨頂『ホァットアフールビリーブス』カタカナだと?




          続けて6曲も紹介してしまいました。この頁書きながら思った、邦題って便利ですね。英語のタイトルの曲をカタカナで書き表すとなんか変?です(笑)。



       楽器は1つも出来ないけど、これがロック?なんだと思うようになって聴き出した15、6歳。それから今日まで車中、ラジオで流れて来る度に再確認します。いい。


       最も聴いていた時代は20代かな。波乗り・自由・ヒッピー・ドラッグ・映画・恋愛・車・アメリカ西海岸・カリフォルニアetcがキーワードでした、自分の場合。若い(笑)。



         53歳になった今でもホット&スパイシーなサウンドであることには間違いありません。いつでもあの頃の昔に戻れそうな錯覚を楽しみながら運転しています。


  

                          PS:YouTubeの音量は最大限に調節して再生してみて下さい、あの頃の昔がよみがえりますよ。
by tetujin2011 | 2014-06-10 22:38 | 快楽通信

相棒の相棒


相棒の相棒_a0241725_1430732.jpg






『傷だらけの天使』の乾亨を演じた水谷豊の奥さんが、所属していた「キャンディーズ」!

<シングル発売曲>

あなたに夢中
そよ風のくちづけ
危い土曜日
なみだの季節
年下の男の子
内気なあいつ
その気にさせないで
ハートのエースが出てこない
春一番
夏が来た
ハート泥棒
哀愁のシンフォニー
やさしい悪魔
暑中お見舞い申し上げます
アン・ドゥ・トロワ
わな
微笑がえし
つばさ  注)解散後に発売


いいね! · · シェア


668人がいいね!と言っています。.


シェア27件.


飯島 剛志 すーちゃんご冥福を祈ります、

9月2日 20:07 (携帯より) · いいね! · 1..


赤松 一生 つばさ は泣けるねぇ~(ToT)懐かしい

9月2日 20:12 (携帯より) · いいね! · 2..


福本 誠 やさしい悪魔がタクローぽくて好きです。

9月2日 20:29 (携帯より) · いいね! · 3..


順毛 律子 懐かしい曲ですね。(*'‐'*)♪

9月2日 20:30 (携帯より) · いいね! · 2..


上林 陽太 たくさんその当時の水着画像をのっけてください。

9月2日 20:47 · いいね! · 2..


長谷川 良文 僕出てました剣友会所属でしたからほとんどレギュラーでした

9月2日 21:06 (携帯より) · いいね! · 4..


田口 政一 輝いていますね^_^

9月2日 21:06 (携帯より) · いいね! · 2..


鈴木恵理 小学校1年生の時、「哀愁のシンフォニ-」を買おうと思ったところ、間違えて「なみだの季節」を買ってしまったことがありました。懐かしい思い出です。

9月2日 21:59 · いいね! · 1..


兼田照道 見ごろ食べごろ笑いごろに出演してた3人を思い出します。
同じ世代なので…スーちゃんが天国へ行って悲しく思います。

9月2日 22:52 (携帯より) · いいね! · 3..


清水 裕一 この写真覚えてる!!!

9月3日 0:05 · いいね! · 1..


Noriyuki Ishibashi やっぱりスーチャンがいいな〜

9月4日 0:01 (携帯より) · いいね! · 1..


                                                   040.gif以上fbから拝借しました



個人的には『相棒』の杉下右京役の水谷豊はあまり好きではありません。なんか能面のように無表情に見えてしまうので。自分の中では、やっぱり 15歳の時 に観ていた 『傷だらけの天使』の乾亨を演じた水谷豊の印象が強いので・・・昭和男にとってのこだわりみたいなもんですね。だから、未だに古いと言われてしまう(笑)。でもこの『相棒』というドラマの人気度はなかなか落ちない、皆見てるのである(僕はたまにしか見ませんが)。鷲生功も出ていたから、やっぱり我々の仲間内でもよく話題に出て来るのである。



相棒の相棒_a0241725_15112580.jpg




そして最近では『少年H』 での夫婦共演でお茶の間を賑わせていたことは記憶に新しい。モスクワ国際映画祭で特別作品賞にも選ばれてる、正直DVDが出たら観なくてはという気持ちにさせられている。



相棒の相棒_a0241725_15145812.jpg




キャンディーズ はあらゆる点で右肩上がりののままで解散した希有なグループだった。浮き沈みの激しい芸能界では 山口百恵 さんとここにあげるキャンディーズくらいじゃん!?ある種"燃え尽きた感"がある昭和の歌姫山口百恵さんとまだまだ伸び代があってのキャンディーズの解散も対照的だったが・・・。水谷豊さん同様、伊藤蘭さんのことは大好きだったので、僕にも忘れられないいい思い出があります。三鷹出身の 栢沼洋二さん 、これって実話ですよね?また「やさしい悪魔」の作曲はあの 吉田拓郎 さんなんです、皆さんは御存知でしたか?拓郎さん もう1曲!



相棒の相棒_a0241725_15335617.jpg



相棒の相棒_a0241725_2112960.jpg

by tetujin2011 | 2013-09-16 15:36 | 出来事雑感

懐かしい黒電話機・・・




                                         世の中のかなりの家がプッシュホンに変わっても、我が家はこれだ!

懐かしい黒電話機・・・_a0241725_238445.jpg



                               という方がいらっしゃったら是非是非コメント下さいね。fbより『昭和ってよかったなぁ倶楽部』さんの投稿。



040.gifこれはダイヤルが速く戻るから好きでした!

受話器が 良い感じに耳と肩の間に収まるので 両手が使えるんです・・・・スマホじゃ無理!!

何故か文明の発達した現在よりも、昔の時代が良かった。昭和の時代が懐かしい、今よりも物が少ないが全てにおいて新鮮で物を大切に出来た時代だった。

うちもコレで、音が大きいもので、かかってきた瞬間「どきっ!!」としたものでした(笑)

懐かしいというか、普通に使ってましたよね!

夜に突然鳴ると、ビビるんだよなぁ〜。

実家は未だにこれです。親父が酔っ払ってぶん投げても、壊れませんでした。停電でも使えますし、お持ちの方は大事にして下さい。

じーーーーこ

懐かしい〜!あの音がまたいいですよねぇ(≧∇≦)

ダイアルの戻りが速いのと遅いのがありました。学生の時寮の電話がダイアル式で、それでチケット予約の電話をしたことがあります。今思うとおかしくなります。

ジーコジーコとまわるダイヤルがなつかしい~!!062.gif



                                    という訳でfbでコメントされた人を載せました。


PS:若い人に言います。我々は、この電話で一生懸命恋人を口説いたのです。口説かれた人もいっぱいだったのです。そう、君達のお母さんお父さんもその時代のはずだ・・・ブロコメしてくれるmiki、カオル、レジッコ、キャンディガール、Cheeなどなど。恋人という言葉もえら~くレトロな響きだな(笑)。

我々が10代の時には、この黒電話のコードを実は長くするのがオシャレでした。恋人に電話をする時には、七つ道具をそろえて・・・
(1) タバコ (2) ライター (3) 業界人でもないのにザラハイと呼んでた灰皿 (4) コーヒー (5) 恋人の写真 (6) ラジカセでお気に入りのBGM  (7) 雑誌 
・・・を用意して長電話。『いつまで電話してるの!』なんて親に怒られながら(笑)。6番のBGMが良かれと思ってヴォリュームまで気にしてセッティングしたのに『この曲嫌い!』なんて言われたり、話すネタがなくて沈黙が怖いから7番の雑誌が大いに役に立ったり、電話を切り最後に5番の彼女の写真を見てニンマリ・・・愚かではありますが本人は至って真剣に、男は当時誰でもやったでしょ(爆)。
by tetujin2011 | 2013-07-21 23:10 | 出来事雑感

気分転換・・・!


気分転換・・・!_a0241725_2136783.jpg
       





    『雑居時代その1』 ・・・昭和30年代生まれの我々には懐かしい昭和のドラマ!大原麗子さんも石立鉄男さんも富士真奈美さんも杉田かおるさんも山口いづみさんも皆この作品で弾けてた。





気分転換・・・!_a0241725_19104293.png





長女役春子は、富士真奈美さんですが若い、細い!そして存在がうるさいっ!(笑)。次女役夏代は、大原麗子さん。いつどんな時代の時にも昭和を代表する美しい女優だと言われるのがわかる。三女役秋枝は、川口晶さん。川口家という芸能一家に育ち、父は作家で大映専務の川口松太郎、母は女優の三益愛子、兄は俳優の川口浩、川口恒、弟は元俳優の川口厚、今は何してるのだろうか?
四女役冬子は、山口いづみさん。このドラマの主題歌はこの人が歌っています。たまに2時間ドラマとかでも、お見かけします。五女役の阿万理は、杉田かおるさん。現役で活躍されてます、子どもの時から才能優れててさすがだと思います。5人姉妹には、それぞれの名前に春夏秋冬の季節、そして末っ子は、そのもの阿万理あまりちゃんという設定がほのぼのしてる、あまりにもイージーで(爆)。


石立鉄男さんは、カメラマンの十一役で、初めは互いに反発し合っていますが次第に、次女の夏代と十一は惹かれあっていきます。しかし意地っ張り同士の2人は、つまらないことでも衝突しあい、なかなか素直になれない2人です。そんな2人を、ヤキモキしながらも、あたたかく見守っていく、回を重ねるごとにそれが伝わって来る周りの家族が昭和特有のガチャガチャとうるさく賑やかなラブコメ&ホームドラマみたいなお話です。物語は、父と5人姉妹で住んでいる家に、父の友人の息子(石立鉄男)が、居候として転がりこんでくるところから始まり最終回まで皆が過節介、過干渉に溢れた(笑)昭和にありがちな物語、なかなかいやとても好きです、こういうドラマ。クールな平成の時代では作れないかもしれません。


昔の映像で活躍される女優さんを見るたびに感心するんだけど、今でこそ素晴らしく良い高級化粧品やダイエット食品やエステが、選ぶのに困るくらいの数の世の中だけど当時はそこまで情報ないんじゃないか?と思うのに皆凄くきれいなんですよね。昭和っぽい付けまつ毛は妙に合ってるし・・・見られて見られて人に観られることでどんどん綺麗になっていく職業ですね女優は。



でね、石立鉄男さんって、決して男前じゃないし、髪もモジャモジャでなんかジャガイモみたいなんですけど、魅力あるんだね。今なら、大泉洋さんなんかが同じポジションの雰囲気がするな、個人的な意見だけど。この作品のあとも、何本も主役を張ってるから凄い役者だと思います。「雑居時代」では、怪しく登場しその風貌は無精髭面で胡散臭さ満載だった。でも劇中三枚目から突如二枚目の演技に変わる時があってね、もしかしたらやっぱりカッコいいかもしれない?と思うこともしばしばあったりする、実は見事に引き込まれてるんだな。


他にも好きなドラマで 『水もれ甲介』 というのがあって、弟の輝夫(原田大二郎さん)とはいつも比較されて。で、格好いい弟とモテない甲介兄ちゃん(石立鉄男)。可愛い妹チャミー役で村地弘美さんも出演されていた。甲介は、何かがあるとすぐに大騒ぎして癇癪を起こすようなところもあるが、実は家族思いで温かくて情の深い優しい人間。子供が好きで一緒に遊ぶ姿の甲介は昭和の時代のお隣の歳の離れたお兄ちゃん、無邪気なお兄ちゃんそのもの。「水もれ甲介」は見てると泣けてくるくらいに庶民的に地元鬼子母神で商売やってて、当時の街並みなんかが出て来ると懐かしさでいっぱいになる。あの時代には皆がそういうふうに生活していた時代。割烹着姿がたまらない、赤木春恵さん演じるお母さんがいい味出してるんだな。



気分転換・・・!_a0241725_21314585.jpg気分転換・・・!_a0241725_21314197.jpg


















今日はね、フラ姫さんから折角コメント貰って・・・よし、気分転換だ!・・・って思って仕事の不安なことをちょっと頭から離して・・・朝、昼、晩御飯。途中、かりんとう饅頭、歌舞伎揚げ、柿ピー。先ほど、冷蔵庫の中にチョコレートと茹でたさつま芋を発見。今日1日朝からそしてこれからもミイラのようになりながらDVDで 『雑居時代その2』 を観賞します。フラ姫さんこんなんでもいいのかな?気分転換?外は雨だし確かに今日は休業したが・・・?明日になるとまた慌ただしく月曜日が始まりますが・・・!


気分転換・・・!_a0241725_21391425.jpg



PS: 「雑居時代その1」の動画の、~3:11秒頃~に出て来る効果音のつもりの女性コーラスの『ヤンヤンヤヤヤ~!』がいかにもっていう手法で笑えます。
    また 『昭和の・・・』 で書いた柳ジョージ夫人の浅野真弓さんが~1:12秒頃出てますね。NHKの 『タイムトラベラー』 では主役。中学生の時には一瞬はまって見ていました。
    「雑居時代その2」の動画の~二人で忍び込んだ教会でのシーンは最後まで見た者を安心させてくれた、やっと結婚したか!って感じで拍手したくなっちゃう。
    あっ、その前にタクシーの中での会話~1:03秒頃~『あたりきよ』・・・(笑)今じゃ使う人いませんね、子どもの時にはよく言っていた。これぞ死語(爆)。     
by tetujin2011 | 2013-05-19 21:24 | 出来事雑感

また1人・・・


2013年5月11日、神奈川県内の自宅で死去。晩年には膵臓癌が判明していて闘病中であったと報道されていました。73歳という年齢は今これだけ医療も進歩してる時代にかかわらず、間違いなく若過ぎる死です。角川映画常連俳優でもあり、『白昼の死角』で主演したほか、『人間の証明』、『野性の証明』、『金田一耕助の冒険』、『戦国自衛隊』、『悪魔が来りて笛を吹く』、『復活の日』、『化石の荒野』、『キャバレー』、『天と地と』など。TVや映画で多種多彩な役を演じられて本当に数多くの作品に出ておられた大好きな俳優の1人です。また昭和の名優が・・・残念です。



また1人・・・_a0241725_13365183.jpg




また1人・・・_a0241725_13241213.jpg







また1人・・・_a0241725_1342957.jpg



               現代劇でもそして時代劇でも、不思議と夏八木勲さんが出てくると作品全体は見る者が安心して見られる、そんな雰囲気にさせてしまう役者でした。
             我々は、もちろんその時代なんかに行ける訳などなく、しかし夏八木さんが演じる武将だったり野武士のような役では絶対そんな時代にこんな武将が有り余る
               野性味を武器に活躍していたのだという眼で見させられてしまう。 『戦国自衛隊』 での長尾景虎役は実に見事にはまり役だった。(当時芸名は夏木勲)


また1人・・・_a0241725_13535554.jpg


                                                            合掌  
by tetujin2011 | 2013-05-12 14:12 | 出来事雑感

ホントです2!

お知らせ:2013年3月18日投稿 『ホントです!』 に追記をしてアップをしたつもりですが、折角いただいたコメントが消えそうになる等私がまだまだ機能を使いこなせていないもので、もう1度コピーしてアップします。決してエキサイト様の不具合ではありませんので、お見苦しいですが御理解願います。よかったらいつも通り右下の Comments いただけたら嬉しい限りです。



ホントです2!_a0241725_6344737.jpg


                      現在さらにエロエロの自分が                         




                      小学5年生の時には
                      
                          ホントです2!_a0241725_6363637.jpg





       初めて 綺麗だな と思ったヌードなポスターです。実はホントです。




                        


ホントです2!_a0241725_6371939.jpg
  
                                               
        


            



                                  よく画像が見つかりました。モデルは 青木エミさん。撮影:立木義浩
                      


                              



先日、偶然にもこの立木義浩氏がFMに出演した番組を車の中で聴いてました。写真のことだけじゃなくて、郷里徳島のことや僕が愛して止まない昭和の時代・・・興味深い話を小気味よくリスナーに話し投げかけてくれました。今の時代だと、頑張る頑張るって主張すると、熱苦しく受け取られがちだが昭和の時代、高度成長を果たした当時の日本は、いろいろな価値観を求められて、国、企業、個人が本当に熱い時代だったと振り返って語られてた。いけいけ、上昇志向というような言葉で表されるように、元気で、エネルギッシュで、可能性のあるものとことに皆がバアーッと取り組んで、時代が作られて行ったのが昭和だと言う。結果、それがその時代に一流と呼ばれるものやコトが、本当に一流かどうか?はわからないけど・・・私の仕事で言えば撮った作品なんかが世間に認められて残っていく・・・そういう時代だったと。特に『あの頃日本も本当に猥雑なアジアだったんだ』という印象的な言葉のおかげで、しっかりと想像出来て心に残るものを感じました。真実を写すと書く「写真」を仕事にされてる凄い人からのメッセージ、見て感じるもの「写真」を伝えるだけでなく、言葉で伝えられることにも立木さんの満ち溢れた感性や表現力を感じました。僕なりの感想です。



ホントです2!_a0241725_23394375.jpg
ホントです2!_a0241725_23294982.jpg

ホントです2!_a0241725_2340452.jpg



こんなことも話されてました。発表した作品で高い評価をされることは、当たり前のように嬉しいことなんだけど、撮影現場は大変だったと。しかし、ここまではよくある話だと思いますね。『皆さんが綺麗だと思ってくださる、たとえば女優さんなんかの写真を撮った時など、発表するまでは撮り直し、撮り直しの繰り返しなんだよ、でもそれは当然プロとプロのぶつかり合ってやる仕事、何度も撮り直しして辿り着いたものが互いに納得してそこで初めて発表出来るんだ』・・・写真家という仕事じゃなくても言えることですね、最近プロの仕事にならなくても近づこうとするくらいの意識で取り組んでいるか?と問われたら戒めないとならないような時もあります。僕の場合ですけど。『女優さんやモデルという職業の人はね、いるだけで美しさや可愛さを伝えられる人ですからね。それで勝負されてる人達だからね。なかなか良い出来だと思って見せると、駄目だと言う、これは私じゃないと言う、クレームをつけられる訳、つまり我々が考えている以上に美しく撮ってないとなかなかOK!は出ない。それで、また撮り直しても撮り直しても駄目が出る、何が言いたいか?と言うと実は、女性はね本人が思っている以上に美しく撮ってあげないとOK!にはならないということ。ここが肝心。そういう意味ではね、今現在以上のものを引き出してそれを真実にして撮っちゃうのが写真家の仕事だね』と。納得ですね。撮る側と撮られる側の凄まじいコラボのすえ、辿り着いたものが発表されるべき作品になる訳です。こうして作品が生まれることなんだと、プロの仕事を究めた人の言葉は響いて来ます。




立木 義浩写真展:WINK AND BLINK       意識的に撮られた写真と意識しないで撮られた写真            意識的に眼をつむるWINKと眩しくて瞬きするBLINK            


ホントです2!_a0241725_1527154.jpg

by tetujin2011 | 2013-04-07 12:06 | 出来事雑感

坂口良子さん・・・

坂口良子さん・・・_a0241725_1319950.jpg
          1976年の角川映画の1作目 『犬神家の一族』 に出演されていた。  


坂口良子さん・・・_a0241725_1250251.jpg

   

横溝正史原作のミステリーが映画化された訳なんだけど、ドヨーンと重くなりがちな雰囲気をさりげなく明るくしてくれる、那須ホテルの女中はる役を演じてくれています。実は、この役は原作にはなくて、市川昆監督が坂口良子さんの為に作られたことを皆さん御存知でしたか?次々と殺人事件が起きる中で、1粒のミントスみたいに爽やかな役どころを好演していました。輝いてました。




坂口良子さん・・・_a0241725_1311058.jpg




金田一耕助役は石坂浩二(1941- )さん。女中はる役は、坂口良子(1955-2013)さん。




誰もが思ったに違いない坂口良子さんが、この映画でも特筆すべき可愛さに溢れていることを。金田一耕助との初対面のシーンでは疑いの眼差しから始まり、旅館ではその金田一の落とすフケを見て驚き正直な反応・・・あの愛すべき田舎娘の表情の全てが坂口良子だから演じられるはまり役でした。推理に夢中の金田一と世話焼きなはるの、憶えているシーンがあります。



                                    坂口良子演じる女中はるが作ったお昼を食べ終わった金田一に
                                    「お客さん全部私が作ったのよ。何が一番おいしかったぁ?」と訊くはる。
                                    から返事で「生卵」と即答する金田一。「ひどい!」とふくれて言い返すはる。
                                    映画を見ながら謎解きばかりじゃない、何かホッとさせてくれる台詞の場面でした。



坂口良子さん・・・_a0241725_1316178.jpg


大滝秀治さん、岸田今日子さん、三木のり平さん、地井武男さん、小林昭二さん...出演者の中にも、すでにお亡くなりの諸氏が居られますが、57歳でなんて・・・坂口良子さんの死は若過ぎます。



坂口良子さん・・・_a0241725_21511576.jpg坂口良子さん・・・_a0241725_22343634.png









                   2013.3.27 永眠 ご冥福をお祈り致します
by tetujin2011 | 2013-04-02 13:32

ホントです!

お知らせ:追記をして再アップを試みたところ上手くアップ出来ませんでした。2013年4月7日に『ホントです2!』として再アップしております。尚、宝塚のようなハンドルネームの(まさか本名?そんな訳はない)寿来明日香様、Mスポーツ時代から御世話になってるいわいのりこ様、30年前のバイト先の先輩ガッツ様、コメ常連で鷲生功ファン倶楽部の和樹様、Surfing仲間で昔はブイブイ言わせてたサーハー山元様、すみません見落としておりました有難く初コメいただいたリンゴ様(どちらの方でしょうか?ヒントだけでも欲しいーッ!)のコメントは消えておりません、生きていますので今まで通りご覧下さい。これからのCommentsは、 『ホントです2!』 にお願いします。御了承願います。



ホントです!_a0241725_6344737.jpg


                      現在エロエロの自分が                         




                      小学5年生の時には
                      
                          ホントです!_a0241725_6363637.jpg





       初めて 綺麗だな と思ったヌードなポスターです。実はホントです。




                        


ホントです!_a0241725_6371939.jpg
  
                                               
        


            



                                  よく画像が見つかりました。モデルは 青木エミさん。撮影:立木義浩
                      


                              



先日、偶然にもこの立木義浩氏がFMに出演した番組を車の中で聴いてました。写真のことだけじゃなくて、郷里徳島のことや僕が愛して止まない昭和の時代・・・興味深い話を小気味よくリスナーに話し投げかけてくれました。今の時代だと、頑張る頑張るって主張すると、熱苦しく受け取られがちだが昭和の時代、高度成長を果たした当時の日本は、いろいろな価値観を求められて、国、企業、個人が本当に熱い時代だったと振り返って語られてた。いけいけ、上昇志向というような言葉で表されるように、元気で、エネルギッシュで、可能性のあるものとことに皆がバアーッと取り組んで、時代が作られて行ったのが昭和だと言う。結果、それがその時代に一流と呼ばれるものやコトが、本当に一流かどうか?はわからないけど・・・私の仕事で言えば撮った作品なんかが世間に認められて残っていく・・・そういう時代だったと。日本も本当に猥雑なアジアだったんだという表現がしっかりと想像出来て心に残ります。



ホントです!_a0241725_23394375.jpg
ホントです!_a0241725_23294982.jpg

ホントです!_a0241725_2340452.jpg

by tetujin2011 | 2013-03-18 11:54 | 出来事雑感